ポジティブな僕の生き方・考え方

悪いことばかり続く?本当に?

更新日:

お久しぶりです。なまけサバイバーです^^

 

悪いことが続くと、このまま一生悪いことが続いてしまうのではないかと思ってしまいがちです。

 

そんなとき誰かが言ってくれました。

 

「止まない雨はない」

 

この言葉、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

そうは思っていても、この雨はいつやむのだろうと気を病むものです。

 

そんな時は、逆に考えてみてください。人生の中で順風満帆で最高の状態って長く続きましたか?

 

個人的には、最高に楽しかった時期はありましたが、すごく短かったです。

 

その最中も「この最高の状態は、そう長くは続かない」と感じていました。全く根拠はありませんでしたが、なんとなくそんな感じがしていて、実際そうでした。

 

長い人生の中でみると、ずーっと良い状態・良いことばっかりが続くことって普通は無いと思います。その逆で、ずーっと悪いこと、ずーっと不幸なことばかりが続くこともそうそうないと思います。

 

どちらかに偏ることはあっても・・・極端な偏り方はしないものではないでしょうか。今が辛い状況だとしても、この状態はそのうち終わると考えるようにしましょう。

 

今現在、辛い状態では先が見えずに苦しい思いをしているかもしれませんが、その状態を抜けてしまえばなんてことなかったと思える日が、きっとくる。

 

僕は現在、SLEを発症して一年ちょっと経ちました。

 

振り返ると死ぬかと思うほど苦しいこともあったけど、今となってはいい思い出ともいえます。

 

「SLE になって良かった」なんて今後も絶対に言えないけれど、嫌なことばかりでもないなぁと感じています。

 

信じられないって言われるけれど、総合的にみたらいいことの方が多いかもしれません。

 

SLEになったばかりの時は、一寸先どころかずっと先まで闇かと思ったけど全然そんなことないと感じています。闇に思えるのは、先が見えないから。

 

つまり、分からないことが多いから。

 

ちょうど、芸人がやる箱の中身が何だか分からない状態で手を入れるようなものかもしれませんね。

分かってしまえば「なんだ、タワシだったのか」

 

そんなもんだと思います。

 

受け身でなく、自身で疾患のことを学んでいくことで不安や絶望感は小さくなっていくことを感じました。

 

未来が見えないなんて言葉を聞くことがあるけれど、未来が見えている人なんていないと思う。そもそも人生は予定通りにも思い通りにもいかないものだと思います。

 

人生、良いことばかりも続かないけれど、悪いことばかりも続かない。

 

悪化の一途をたどる疾患ではないわけだから、状態が悪い時もあれば良い時も来る。

 

今が症状が大変で辛かったとしても、また良い時もくると希望をもって暮らしていく。悪いことばっかり続くなんてことはない。

 

未来は明るい!

きっと明るい!

 

そういった心の持ちようで、いくらでも前向きに生きていけるようになります。

-ポジティブな僕の生き方・考え方

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.