血小板まとめ

SLEでは血小板減少症状を伴うことが結構あるようです。

僕も漏れなくその一人です。というより血小板減少にかなり悩まされています。

そんな血小板についてサラッとまとめました。

血小板は骨髄内にある造血幹細胞という細胞が細胞分裂することで作られます。

主な働き:止血作用

①血小板は血液内を常にパトロールし、血管内皮が傷つくとすぐに駆けつけます。

そして、血管の穴が開いた部分に集まり(凝集)、多くの血小板が重なり合うことで傷を塞ぎます。

この時に、血栓を作って出血を止める作業が2~4分程度と言われています。

②その後、さらに出血しないように強化するため、凝固系タンパク質であるフィブリンや、ビタミンKなどの働きにより凝結塊が出来る。

③このままでは血管が閉塞してしまうので、止血が完了するとちゃんと凝結塊が溶ける仕組みになっています。これを【線溶】といいます。

これにより、血栓が飛んで脳梗塞や肺塞栓に陥るという恐怖が防げるわけですね。

人間の身体はうまいこと出来てますね。

血小板が減少すると どうなる

血小板が少なくなると止血の働きが弱くなります。

その影響で、軽くぶつけただけでアザができやすくなったり、減少しすぎると、放っておいても出血してしまったりするわけですね。

血小板値

単位(万)

正常範囲は14.0~40.0です。

一般的に血小板値が3.0(30000)を下回ると

最悪の場合は、脳血管が切れたり、内臓の血管が切れて死に至るという恐ろしい状態に陥ります。

ちなみに僕は、初回入院時の血小板が0.5(5000)と言う危険な数値でしたので緊急入院になったのです。

何も知らずに血圧が上がるようなことをしてしまっていたので、下手したら死んでいたかもしれない。

死なずに済んで良かったと心から思いました(^_^;)

恐ろしいですね。

血小板減少症あるある言いた~い♪紫斑・出血画像あり

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

トップへ戻る