ポジティブ難病者が自身の経験をお伝えします。

本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP)

ITP関連 SLE関連 脾臓摘出手術関連

脾臓摘出手術レポート⑦7日目 血小板減少患者 ITP

更新日:

脾臓摘出手術レポート⑦7日目 血小板減少患者 ITP

 

【身体症状】

 

痛みは感じるものの、トイレで少し息めるようになった。

 

腹部の痛みは落ち着いてきている。ただ、お腹がいっぱい食べた後は、お腹が張ることで内側から痛みを感じる。

 

遂にベッド柵に掴まらなくても起き上がれるようになり、寝ることも可能。

 

痛みはあるものの、立った状態で身体がまっすぐにまで伸ばせるようになった。

 

【リウマチ科に転科・転棟】

 

外科の回診

 

「もう大丈夫ですね。傷の状態もいいですし、もう外科でのフォローは終了です。今日、リウマチ科に転科になります。」

 

傷の状態も良好で、痛みもかなり落ち着いたということで外科でのフォローは終了となった。

 

本当に1週間で終了なのね。

 

こうして、地獄のような外科での日々が終わりを迎えた。

 

【リウマチ科へ】

 

時間になってついに懐かしのリウマチ科に戻ってきた。

 

「おかえりなさーい」という一部のナースからの声とともに迎えられた。

 

古巣に返ってこられて本当に良かった・・・

 

【ふくらはぎの痛み】

 

ちょうどこのリウマチ科に移動してくる途中くらいから右膝裏内側が痛くなってきていた。

 

歩く時に少し気になる程度だったものが昼の時点では激痛になり脚を引きずるほどの痛みにまで増強した。

 

特に足を捻ったり、ぶつけたりしていない割に急激な痛みが出現したので焦っている。

 

まさか血栓か?

 

ちなみに下肢の静脈に血栓ができてしまった場合は、詰まった先の血管領域の血行不良が起こるので紫色に変色したり、むくみが起きたりする。

 

ところが、そういった症状は一切見られなかった。血小板も正常範囲ないだし、たぶん違うだろう。

 

そう願いたい。

 

ナースに報告し、主治医が検査をしてくれることになったので待機。

 

その後、エコー検査をしてもらった結果、血栓の所見は見つからなかった。

 

術後に寝た切り期間があったことで、膝に負担がかかったのだろうという評価になった。

 

結局、この後、数日で痛みは落ち着いた。

 

【術後7日】

 

手術当日を1日目とカウントし、今日は7日目。

 

術直後の状態から考えると、信じられないほど回復したと感じている。

 

信じられないほど辛かった腹部や両肩の痛みは落ち着き、普通に起きたり寝たりできているし、歩けるようになっていることは信じがたい。

 

大袈裟な表現と思われるかもしれないが、最初の状態から考えると、奇跡の回復を遂げたと感じている。

 

一時は辛すぎて死にたいとすら思ったけれど、ここまで回復できるとは、人間の自然治癒力は素晴らしい。

 

 

追記

傷がつきにくい問題・感染症について

 

懸念されていた傷がつきにくい問題について

 

ステロイドの量は10㎎以下で手術が通常のところ、かなり多い量で手術を行った。

 

120㎎から徐々に減らし、現在も30㎎は使用している。

 

しかし、1週間の時点で、しっかりかさぶたになってくれている。

傷がくっつきにくい問題は侮れないものであるが、腹腔鏡手術は傷が小さいので、そこまで心配しなくても良いのかもしれない。

 

追記

3週間経過時点でのレポート

 

現在、3週間経過したが特に感染症にかかることもなく、安定して経過してくれている。(手術は9月7日、現在は10月2日)

 

ドレーンが入っていた部分や、傷の部分は押せば痛いけれど日常生活においては問題なし。

 

それと、身体を伸ばそうとすると引っ張られて痛いと感じるが、普段姿勢を正して立っている分には問題なし。

 

明らかに腹筋は硬くなってしまったけれど、これは仕方がない。今はまだ、ストレッチなどで伸ばそうにも痛いので、今のところまだ難しい。

 

そのうち痛みが落ち着いてきたら徐々に身体を動かしていこうと思う。

 

以上、血小板減少症患者の脾臓摘出術レポートでした!

 

それではsee you next t~ime♪

-ITP関連, SLE関連, 脾臓摘出手術関連

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.