入院生活編2回目

入院2-17日目【ハッキリ正直に言おう】【レボレード開始】15/12/18

更新日:

 

【くすり】

①プレドニン50㎎

②ネキシウム20mg×1カプセル

③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル

④マグミット錠330㎎ 2錠

⑤レボレード12.5㎎ 1錠

 

いつもより起きる感覚が短かったけど、なんとか5時まで寝た。

 

起きたら唇の内側に内出血が少し出ていた。

 

しや血小板10000下回ったかな?という印象があった。

 

鼻血は出てなかったし、尿の色が濃くなってきたけど血尿は出てなかったからおそらく血小板5000周囲にはなっていないだろう。

【ハッキリ正直に言おう】

予想に反して血小板が5,000になってしまった。

担当医のことは信頼している。だからこそ、言いたいことを言わせてもらった。

f:id:namaketiger:20160618200457j:plain

Me

「正直にうかがいます。現状、当初思っていたよりも治療の反応が悪くて、良くなっていないということなんでしょうか。」

 

RYUICHI

「正直、当初思っていたよりも上がってきていませんし、急激に低下してしまっています。」

 

Me

「やっぱりそうですよね。SLEって分からないことが多いですし、何が効くかも、何が足を引っ張ってるかもやってみないと分からないということですよね。それが、思ったより効果が出てないという状況なんですね。」

 

RYUICHI

「そういうことです。」

 

Me

「正直、思ったより治療の反応悪いですよね。」

 

RYUICHI

「・・・・・はい、難治性病態と言えます。」

 

少しためらったようだったけれど、ハッキリ言ってくれた。

 

Me

「入院した当初は、血小板が低下しすぎて精神的に相当落ち込みました。今はかなり受け入れ体制になっていますので、落ち着いています。」

 

RYUICHI

「そうですね。あまり悩んでも良くないですからね。極端な話ですが、私の担当の方で、血小板2000で仕事してる方もいますから。」

 

先生がハッキリ言ってくれたことと、自身の想いを正直に打ち明けられたことでスッキリした。

【レボレード開始】

 

今日からレボレート開始。昼食後2時間内服。

 

これはITP(特発性血小板減少性紫斑病)の方に使われることが多い薬とのこと。

 

骨髄を刺激して、血小板を作っていこう!という薬。

 

すぐに効果があるのかわからないけど、気長に待つしかないからね。

 

のんびり待とう。

 

【突然の母、来院】

 

母が本を3冊買ってきてくれた。

 

まさかの、amazonで注文しようとしていた安保徹先生の免疫の本を買ってきてくれるという奇跡(笑)

 

妻が日曜に来るまで読む本がなかった僕にとってすごくありがたかった。

-入院生活編2回目

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.