入院生活編2回目

入院2-9日目③【感覚的に】・【治療方針】 15/12/10

更新日:

【くすり】

①プレドニン50㎎

②ネキシウム20mg×1カプセル

③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル

④マグミット錠330㎎ 2錠

【感覚的に】

今日の採血結果は血小板9000→18000と上昇していた。

 

ここから急上昇していけると思う。心からね。

 

思ってもいないのに自分を暗示にかけようとしても潜在意識が脚を引っ張るんじゃないかな。

 

心から信じられないと暗示は効かないんだろうし。

 

今は心から良くなっていると思えているから、改善を図っていけると感じている。

【治療方針】

18時 Mr.RYUICHI 登場

 

Mr.RYUICHI

「CT・レントゲンの結果は、特に異常がありませんでした。一番多いアスペルギルスというカビは陰性でした。もしかしたら、今回上がっているカビの数値はカンジダというカビか、ニューモチスチフというカビの感染かもしれません。とりあえず今、使っているフォンガードという点滴を継続します。」

 

「血小板がすこし上がってきましたが、おそらくグロブリンの効果でしょう。前にも言ったとおり、一時的になります。25mgでストンと血小板が低下したことを考えると、今後は免疫抑制剤の併用をしていかないと数値を保てないということが予想されます。」

 

「現状では、カビの数値が高いので、免疫抑制剤のネオーラルを使うと悪化しやすいので今は使えません。今後の状況にもよりますが、邪道とも言えるような治療ですが、骨髄を刺激して造血を促す治療です。ITP(特発性血小板減少性紫斑病)の方によくする治療にはなります。もしかしたら免疫抑制剤の前に、そういうことをするかもしれません。」

 

※予防的にバクトラミンという抗生剤を使用する場合もあるそうですが、それを使うと血小板減少を起こしやすいため、今は使用しないとのこと。

 

Me

「すごく体調が良いと感じるわけでもないですけど、昨日から良くなってきた感じがしてます。感覚的にですけど。」

 

RYUICHI

「グロブリンの効果で一時的にそう感じているということだと思います。」

 

無表情でバッサリ切り捨てという感じだった。

 

Mr.RYUICHIクールすぎる・・・

f:id:namaketiger:20160529200110j:plain

人によっては、Mr.RYUICHIのような対応は、キツイと感じると思う。

 

けれど、僕にとってはハッキリ言ってくれた方がスッキリ出来るので、バッサリ切ってくれてありがとうございます。

 

反対に、主治医は悪いことはズバッとは言わないようにしている感じ。

 

主治医の方が僕の性格を考慮しながら関わってくれている感じはすごくする。

 

飴と鞭じゃあないけど、このバランスが非常に良いコンビだなぁと思う。

 

こういう医師が多い病院は患者の安心感・満足度が高いんじゃないかな。

 

これでは、すごく上から目線な言い方になってしまうかもしれないけど、素直にそう思った。

 

その日の夜は、昨日まで同室だったスーパーイビキ人が退院されたので、安心していたんだけど・・・

 

すぐに新しく入院された方が更にすごいハイパーイビキ人だった。

 

眠剤はできるだけ飲みたくない。

 

でも、睡眠不足が続くことは問題だから、薬に頼らないといけないこともある。

 

耳栓・音楽が無効なハイパーイビキだったので、諦めて眠剤をもらって瞳を閉じた。

 

今日は眠れますように。。。

-入院生活編2回目

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.