入院生活編2回目

入院2-7日目③【恐怖再び】【良くなってきた感覚】 15/12/8

更新日:

【くすり】

 

①プレドニン50㎎

②ネキシウム20mg×1カプセル

③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル

④マグミット錠330㎎ 2錠

【恐怖再び】

f:id:namaketiger:20160523164208j:plain

14時30分 耳鼻科受診

 

診察室前で15分待たされる間、、トイレに2回も行くソワソワぶり。

 

覚悟を決めて、いざ受診!

 

先生に、か細い声で伝えました。もうダメ元で。

 

Me

「せんせい、本当にいたいので、そーっとおねがいします・・・ほんとうに」

 

そんなことを言って行動が変わるような人ならそんな荒い対応をそもそもしてないだろうということは思いつつ一応言ってみた。

 

すると、主治医から話がいったのか、今日は、前回とは別人のように説明しながら丁寧にやってくれた。

 

鼻の奥までスコープを突っ込まれる時も、そーっとやってくれたので普通にオエっとなって苦しいだけで済んだ。

 

Dr

「結局は血小板が低下しているせいで出血してしまう状況なので、また突っ込んでも出るときは出る。だから、とりあえず何も入れないから、鼻血が出たら鼻をつまんで止血して。どうしても止まらない時は、この前みたいに突っ込んで止めるから」

 

こうして、覚悟していた鼻の奥まで突っ込まれる処置はやらず。

 

鼻に詰めた綿球を外し、鼻に止血するための薬を噴射されただけで済んだ。

 

強い恐怖・痛みを覚悟していただけに、この時の嬉しさは忘れられない。

 

精神的に疲れるってこういうことなんだな、強い緊張からの安堵からか、その後ぐったりして眠ってしまった。

 

今朝、大変だったのもあると思うけど。

 

少し眠って昼食前に目覚めた時、耳鼻科の処置の甲斐あって綿球を詰めていなくても鼻血は出てこなかった。

 

そのおかげで、両鼻が1週間ぶりに開通。

 

食事の香りが分かって幸せだったーー!!

 

そのうち鼻の中でカサブタが出来がり、鼻血が出てきてしまうので両鼻が開通して空気が吸える時間は短いだろうと思う。

 

だからこそ思いっきり味わっておきたい、病室の淀んだ空気だとしても。

 

僕には鼻呼吸が出来る、香りが分かるということだけで最高の喜びだった。

良くなってきた感覚

妻に言ったこと。

 

「感覚的にだけど、生命の危機は脱した感じがする。今日は血尿も出てないし。もちろん輸血して一時的に血小板が上がっているだけで、現在も下がっているだろうけど、それでも今までとは違って改善してきている感じがする。たぶん大丈夫だと思う。」

 

そう伝えた。

 

果たして、明日の結果はどうだろうか。

-入院生活編2回目

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.