入院生活編2回目

入院2-3日目②【方針決定】・【超情緒不安定】  15/12/4

更新日:

【くすり】

①プレドニン50㎎

②ネキシウム20mg×1カプセル

③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル

④マグミット錠330㎎ 2錠

【担当医登場】

夕方になり、ぐったりしたところに先生が来てくれて再度方針を説明してくれた。

 

聞いているだけで涙が止まらなくなってしまった。

 

プレドニンを50㎎に増量した割に血小板が上昇してこないので、明日から大量免疫グロブリン療法を併用していく予定となった。

 

このままプレドニンだけ続けても、あまり改善する気配もない。

 

方針が決定して良かった。

 

【超情緒不安定】

 

その後、感情がまた不安定になり妻と会話しながら食事をしているとき涙が止まらなくなった。

 

本当に少し口を動かすだけで口の中と鼻が痛いから全然食事が進まず情けなくなったのかな。

 

グロブリン療法のリスクを知って怖くなったのかな。

 

何で涙が出てるのかすら理解できないという異常事態。

 

とにかく感情をコントロールする部位が壊れていたように思う。

【鼻の綿球の行方】

f:id:namaketiger:20160523164208j:plain

食後、食事で口を動かしたからか鼻に詰めた綿球がポロリしそうになっていた。

 

かさぶたになって固まっている鼻の内側部分だけがくっついている感じ。

 

片鼻詰まっているだけでも、実はけっこう息苦しい。

 

それだけでも疲れやすいと感じる。

 

だから鼻血が出ないならすぐにでも綿球を取りたいというところ。

 

その憎き綿球が、もうすぐ取れるぞ!という感じになっていた。

 

また大出血するリスクがよぎったので、看護師に相談

 

すると、「今は先生がいないのと、出血が止まらないと困るので我慢してください」と止められた。

 

昨日までと違ってタラタラと血がにじんでくる感じはなく、血で固まっていて動かないから気がラク。

 

耳鼻科医には、取れそうな部分の綿球はチェンジしていいと言われているから明日チェンジするのが一番いいかな。

 

血小板が上がるように、プレドニン&グロブリン療法に願いをかけて寝る!

-入院生活編2回目

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.