入院生活編1回目

入院21日目 【自分と会話で見えたもの】

更新日:

おはようございます

 

中国は国慶節。中国人の爆買いがまさかの不発になってしまったようです。期待していた企業としては残念ですが、僕は爆買いよりも爆睡したいところです(-_-)zzz

 

睡眠 21時→0時(点滴ポンプのアラームで起こされる)→2時まで眠れた。その後バッチリ覚醒したので起きました。

 

やった!喉が痛くなくなった\(^o^)/

 

体重が減ってきて随分身体が薄っぺらくなってきた感じ。

 

起きた後は、今後どういう自分になりたいか、どういう生活をしていきたいかを紙に書き出す作業。これをじっくりやってみました。_〆(・ω・` )カキカキ

 

今までの人生を振り返ってみて、入院直前の生活まで思い起こした。

 

そして

 

自分自身の性格や考え方、生活を見つめ直し、改善案をたくさん出してみました。

 

考えるだけではなくて、自分自身に問いかけてみた。

 

自分で自分に問診するかのように。対話形式でやってみました。

 

すると、考えがすごくまとまり自分の問題点がすごく明確になりました。

 

そして

 

今後はどうしていく方がいいかというのが、次々決まっていきました。

 

僕は、今まで自分と会話することはしたことがなかったので、思いがけない発見がありました。

 

皆さんはされたことがありますか?

 

自分自身の本当の気持ちを本当に分かっているのは、自分自身なのだと思います。

 

当然、自分が気が付かないところに気付くきっかけを与えてくれる家族や知人がいることは間違いありません。

 

同じ失敗をしないように、自分と向き合う作業。コレ、大事だなって思いました。

 

日々いそがしいと、なかなかそういう時間をとることは僕には出来ませんでした。

 

今回の入院はそういう時間をとるためには良い機会になりました。

 

自分との会話。大事です。

 

時間をつくってやってみると、良いですよ(^^♪

 

今日は妻が来てくれて、2日連続で13時〜18時まで話し込んだ。

 

職場復帰することは半分賛成、半分反対とのこと(-_-;)

 

でも、結局週1日のパートでも続けておけば、今までの仕事を継続しながら、余裕をみて、家の近くで職場を探したり出来る。

 

けれども

 

発症によって仕事を辞めてから何もせずに家にいた人となると、雇う側も心配になってしまう。

 

また

 

傷病手当をもらって休んでいたと思われる可能性もある。

 

やはり

 

僕としては今の職場に何がなんでも戻った方がいいだろうと結論に至った。

 

通勤が大変ということがあるから、そこは考慮して。

 

睡眠時間と通勤が座れるのかどうかとか。

 

そもそも、本当に雇ってもらえるのか。一旦退職になっちゃうのかとか。

 

とりあえず退院が決まったら、傷病手当の話も含めて話をしないといけないから連絡をとらないと・・・

 

etc

いろんな考えがグルグル巡ります

 

身体の調子はいいけれど、骨折などの怪我と違って先が読めないところがあります。

 

やっぱり先が見えない不安というのは払拭出来ないもんですね。

 

おおまかに予定は立てられるけど、増悪・寛解を繰り返す(調子の悪い時と良い時の波がある)疾患であるだけにね。

 

今は全然悪くなる気がしないので、どんどん良くなることを信じて治療に専念するに限る!ヽ(^。^)

 

昨日と今日で、食事に関する勉強教材を持ってきてくれた。気合入れてやってみっか!

 

【運動】

立位での上半身運動

階段昇降5階分×2往復(1日2回に分けて)

ウォーキング40分

 

【パンツ】
マジメな話をしてしまったので、ホントにどうでもいい話を(笑)

 

シャワーを浴びるために着替えようとしたら、替えのパンツがないという悲劇(*´Д`)

 

閉店ギリギリ5分前のコンビニに駆け込み、無印のパンツを買ってみた。

 

思っていたより履き心地がすごく良かった。

 

たまにイレギュラーな出来事があるのも新鮮だね。

 

今日は、いい出会いがありました。

 

こうしてパンツが替えられない悲劇は回避された( ´∀`)

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました^^

それではsee you next t~ime(^^♪

-入院生活編1回目

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.