入院生活編1回目

入院5日目 【主治医初対面】【血糖値】

更新日:

昨日は、衝撃の事実が発覚した。

いつもはすぐに寝付ける私も、ショックからなかなか寝付けない状況だった。

 

Dr.から運動の許可が出たので、朝起きてからほんの少しだけ全身の筋肉を動かてみた。

 

それこそラジオ体操くらいだったけれど、普段は全然しないくせに運動しちゃダメって言われるとしたくなるものだ。

 

動かない方が疲れるってこともあるしね。

 

ステロイドを始めると、血糖値があがるということで血糖測定をしている。

 

昨晩の就寝前血糖値がなんと150でした。ついに高くなったかという感じ。

 

そうしたら今朝7時の血糖値が79という低値

 

9月15日の就寝前血糖 120台
9月16日朝の血糖 110台

 

この数値を参考に、ちょっと運動してみたんだけど思いの外かなりの低下。

 

軽い運動と思っていても血糖値の変動が大きくでるみたい。運動は慎重にしよう。

 

今日は、リウマチ科の女性医師と初対面(以下、主治医)


 

リウマチ科は主治医とMr.RYUICHIの二人体制です。

 

マシンガンのように早く色々と診察やらお話をしてくださった。

 

血糖値のことを聞いてみたところ

Dr.「ステロイドを使っていると血糖値は朝低く、夜上がる傾向にあります。なので、運動するなら軽く、そして朝はやめましょう。」と教えていただいた。

 


余談ですが、血糖測定は指でするよりも耳たぶで行ったほうが痛みが少ない。

 

指だと血が止まるまで気にして、止まっても出てこないか気にして、その間指が使いにくくなる。

 

たいした痛みではないですが、痛みが気になる方は耳たぶで行う方がオススメ。

 

今日は午後、高校時代の友人M男がお見舞いに来てくれた。

 

食べられない状況の僕に、気を利かせて漫画を買ってきてくれた。

 

漫画2冊だけって、続きが気になるやん!と思ったら、 なんと2冊で完結という気の利きよう。

 

ステキすぎる。無類の漫画好きの僕にとって最高のプレゼントになりました。

 

タイトルはキテレツ大百科 子供の時、再放送を見てたなぁ。漫画版とアニメ版ではコロ助が結構見た目もキャラも違う感じだ。

 

2巻で完結という読みやすさが最高。

 

特に第2話の勉三(苦学生)さんとキテレツ君の会話で、入院中の気持ちが楽になった。

 

面白いのでサラサラ読めた。僕の血液と一緒、サラサラ〜ってね。

 

個室で1人でいると、どうしても気が滅入ってしまう。入院5日目にして、友人が来てくれたことが、すごく嬉しかった。

 

1年ぶりくらいに再会したM男は、以前と同じように接してくれてはいたけれど、腕とか脚の点状出血を見て明らかに引いていた。

 

普段だったら、ネタにして笑いに変えてきたりとかするタイプだけど、それすら出来ず、かける言葉すらないという感じだった。

 

逆だったらやっぱりそうなるかもしれないな。

 

難病って聞いた時点で、何て言っていいか分からないって気持ちは分からなくはない。

 

とにかく暇を持て余していた僕にとって、来てくれたことだけで本当に嬉しかったし、今までと同じように接してくれただけで嬉しかった。

 

血糖値:就寝前 180!!! 何ッ!?
日に日に高くなる就寝前血糖値

 

いったいどうなってしまうのか!? 

-入院生活編1回目

Copyright© 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症ITP) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.