無気力・うつで苦しむ僕が書籍や映画を見て感じたこと

こんにちは、無気力・うつ状態継続中なまけサバイバーです。

無気力は継続していますが、ブログを書く気力は少し出たりしているので、最悪の状況は脱した感じがしています。

最近は「無気力・うつ」について調べてみたり、書籍で勉強したり、読んだりして解決策を探ったり探らなかったりしてダラダラ過ごしています。

【うつ病罹患率・気分障害】と食事・運動の関係性が明らかに!

無気力・うつ状態に陥る原因に迫る。健康に関与する影響や動物実験

ネットで色々と調べている日々の中、うつ病経験者として丸岡いずみさんの名前が出てきました。

僕は、テレビで見かける明るい丸岡さんがうつ病で仕事を休んだ経験があるということを全然知りませんでした。

が、

うつ病の体験談を書籍で出版されていることが判明したので、読んでみることにしました。

「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」

うつ地獄・・・タイトルからすごく興味を惹かれますし、この言葉だけでも症状の辛さがうかがえます。

内容としては、ご主人の有村昆さんとの出会いの話が半分くらい。あとは、仕事やうつ病治療の体験談が書かれていました。

うつ病体験談ということですが、あまり闘病内容は書かれていません。

その部分は、かなりサラッとした内容になっています。

サラッとしか書かれていないことと、丸岡さんの明るい性格のおかげで読んでもズーンと重い気分になることはありませんでした。

サラッとした内容の体験談でしたが、非常に重要なことが書いてありましたので、引用しながら少しご紹介します。

うつ病は恥ずかしいことではない。

 

自分がうつ病になったという事実をありのまま受け入れるまでには、それなりに時間がかかりました。 「私、やっぱりうつ病だった……」

「でも……、まさか私がうつ病になるなんて」 「やっぱり信じられない……」  逡巡しました。認めよう。でも、認められない、認めたくない。 「うつ病患者=負け犬」みたいな、ネガティブなイメージを抱いていたのだと思います。それに、うつ病は、「ストレスをため込みやすい人が患う」という根強い思い込みがありました。

世間ではうつ病のイメージが良くないからこそ、こういった気持ちになってしまうことは、ものすごく共感できる部分です。

負け犬とまでは思いませんが、世間や周囲の目を気にしやすい方にとっては特に辛いことだろうと思われます。

もともと明るく頑張り屋の丸岡さんはアナウンサーなので、なおさらその気持ちが強かったことは想像に難くないですね。

そもそも、自分自身がダメだからうつ病になるというわけではないのだから、恥ずかしいと感じる必要なんてないと思います。

スポンサーリンク

精神科薬の服用は重要

丸岡さんは、精神科の薬を飲んだらダメだと考えて拒否していたそうです。

治療開始当初から、大学院で学んだ認知行動療法で自ら治療をするつもりで「精神科の薬」を真面目に内服していなかったそうです・・・

結果的に、薬を飲まずにどんどん悪化して入院となってしまいます。

そこで強制的に薬を飲まなければならない生活になった(確認されるため)ことできちんとした内服がはじまりました。

その後は薬を飲み始めて劇的に良くなり、約1ヶ月の入院で見違えるほど元気になったとのことでした。

うつ病患者の中では、薬を毎日飲んでいても全く効果がみられない人もいるとのこと。

そう考えると、2週間ほどでかなり症状が良くなった丸岡さんの場合は服薬の効きがかなり良かったようです。

いつかは終わりがくると考えよう

【うつ地獄にいる時は、「もう二度と地獄から出られない。生涯終わりなき責め苦を受け続けて、廃人になるのだ」と思い込んでいました。希望が持てず、お先真っ暗のどんよりと重い心境でした。 「いつか、この最悪な状態から抜け出せる日が来る」なんてこと、まったく考えられませんでしたね。このまま死ぬと思っていました。 今となっては、これもうつ病に対する私の「根強い偏見と誤解」のひとつだったと思います。ちゃんと薬を飲んで治療を受けたら、回復して元気になりましたから。 自殺を考えてしまうほど苦しい時でも、「いつかは終わる」ということを、ぜひ思い出してもらいたいのです。そういうふうに気持ちを持っていくのは、簡単なことではないと分かっています。それでもあえて声を大にして言いたいのです】

精神科の薬を飲むと一生抜け出せなくなるという話があったり、薬を使ったらオワリだという情報があったりもします。

そういった情報に踊らされて症状を悪化させてしまうのは本末転倒です。自分にとって一番納得のいく方法を選択し、快方に向かえることが一番いいですね。

ツレがうつになりましてを観てみた 感想


 タイトルしか知らない状態で鑑賞してみました。

 

今の自分自身の状況とリンクする部分が多くて作品に感情移入できすぎて若干辛かったです(^^;)

そして、堺雅人さんの役のハマり具合がリアルで俳優のスゴさを感じた。

 

僕の場合は、うつと診断されて退職したわけではないけれど、仕事ができない状態になってしまったところは一緒。

 

そして、在宅(入院)生活を余儀なくされ社会復帰・復職の気持ちはあるのにできない現実を突きつけられ、焦りや無能感に襲われて苦しむ。

 

そんな失業者やうつ病者の苦悩がものすごくリアルに描かれていた。

 

全くもって笑える内容ではないけれど、久々に良い映画に出会えた。

こんなに胸をえぐられるような経験は珍しいですね。

 

自分自身が、超無気力状態になっていた時は、このまま再起不能になってしまうのではないかという漠然とした不安がありました。この時のことは忘れられない。

日によって差はあるものの、どうしても気分が落ち込む&身体がずーんと重くなって何もできなにような日がありました。 

とにかく考えすぎないようにして解決策を色々探っているうちに気力が回復してきたと感じてはいるけれど、いつ同じようになるかは分からない。

 

診察を受けていないから診断されていないだけで、実際は「うつ病」なのだとしたら・・・気分の症状に波があって今は多少良い時期というだけなのかもしれない。

 

自分自身の調子はしっかり見極めていこうと思う。

 

あくまで映画ではあるけれど、無気力やうつ状態で苦しい方にとっては意味のある映画ではないかと感じた。

 

単純にうつ病治療に関することを学ぶ機会というよりは、患者本人や家族の気持ちにフォーカスした映画で、とにかくリアルだった。

まとめ

今現在、僕は薬の内服に関しては否定的に考えています。

精神科の薬だからということではなく、単純に薬の内服量が多いので肝臓や腎臓が心配ということもあります。

できるだけ薬を使わずになんとかしようと考えていますが、絶対に飲まないと決め込んでいるわけではありません。

こういった体験談を読んだおかげで精神科のイメージが変わりましたし、より前向きに必要なら内服をしてみようという気持ちになりました。

このブログに書いてきた僕の経験もそうですが、同じ疾患でも人それぞれ症状はまちまちです。あくまで「情報を鵜呑みにせず参考にする」という姿勢が大事になります。

そもそもが、ステロイドによるうつ症状だとしたら全然違うという可能性もありますが、うつ病体験者の記録は参考になりました。

この苦しみも、いつかは終わりが来る。

「終わり」の考え方は人それぞれだから、色んな終わりの考え方があってもいいと思う。

症状がなくなることだけを終わりと考えているともったいない。

他の考え方ができるなら終わりが見えてくるかも。

希望をもって生きることは、やはり大事なことですね。

The following two tabs change content below.
なまけサバイバー

なまけサバイバー

ハイパーポジティブなSLE男。 発症2年で11回の入院を経験。医師から超難治性患者と言われている。 社会復帰・病状安定を目指す傍ら、役立つ医療情報や実体験の発信を行っている。 連絡先・プロフィールはコチラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

情報共有のためシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

トップへ戻る