自分の価値を感じられることは大事。期待されたり、頼られたり

こんにちは。今日も絶好調なまけサバイバーです^^

期待されたり、頼られたり、自分の価値を感じられることは大事です。

先日、当ブログに嬉しいコメントが届きましたので紹介させていただきます。

 

おはようございます。

●と申します。私も昨年からSLEを発症し、現在は入院12日目になりました。

男性患者はとても少なく、不安がありました。

しかし、ナマケサバイバーさんのブログを読んで、病気を学び、経験を知識とさせてもらいます。

今後もシェアさせてください。

ともに長生きしましょう。

ありがとうございました。

お問い合わせフォームからいただいたメッセージなので返信が出来ず、ブログでのご紹介とさせていただきました。

嬉しいコメントありがとうございます。

ブログを書いていて本当に良かったなぁと思える瞬間でした。

本当にSLE男のブログって全然ないんですよね。SLE男自体が少ないから(;´・ω・)

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分の価値を感じられることをしてみよう

療養生活中になると、今まで仕事をしていた方もそうでない方も社会から閉ざされ、隔離された環境になりがち。

自分自身の価値がなくなったかのように感じてしまう方もいらっしゃいます。

だからこそ自分の価値を感じられること、期待されること、頼られることの重要性を感じます。

どんな小さなことでもいい。

ハッキリ言って、なんでもいいと思います。

自分の存在意義を感じられることをするという意味で、植物を育ててみたり、ペットを飼ってみることもオススメです。

飼育するということは「自分がいなければいけない」ということになります。放っておいたら植物は枯れ、ペットは死んでしまいますから。

その他には、自分がしたちょっとした親切で心底感謝されたりすると、それだけで想像以上に嬉しかったりするものです。

自分にとってはたいしたことではなくても、相手にとってはものすごく価値のあることだったりもします。

たとえば、僕の場合は日記の公開は中止してメッセージ投稿に切り替えましたが、闘病日記をブログで投稿してみてもイイと思います。

同じ境遇の方にとって、そのあなたの日記をみることが楽しみになったり、気がラクになるものになる場合があります。

患者同士のコミュニケーションをとることにもなりますし、社会との関りをもつことや人の役に立つことができるということは想像以上に良いものですよ。

病気療養によって仕事ができない状況だったり、思うようにいかないことも色々あると思います。

けれど、人生にはそういう谷の時期もあると割り切って明るい未来を思い描いていきましょう!

SLE発症によって得られたものは、ものすごく大きい!

そう感じながら日々を過ごしています。

なまけサバイバーでした!

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

コメント

  1. 晴れる より:

    こんにちは。
    私も、なまけサバイバーさんのブログには本当に助けられました。特に、入院中や退院後の日記が本当にタメになるし共感できるし、詳しく書いてあるから分かりやすくて、おもしろくて(闘病生活をおもしろいとかいったら失礼ですかね。。)すごく影響を受けています。

    なまけサバイバーさんの入院中の日記、正直でおもしろくて何度も読み返してしまいます笑

    • なまけサバイバー より:

      晴れるさん、コメントありがとうございます。

      なまけサバイバーです。

      嬉しいコメントありがとうございます。

      最近になって見返してみたら、随分文章がメチャクチャなまま投稿していることに気づきました。

      ブログの引っ越しをしたせいで、表示が乱れたままという言い訳もありますが(^^;)

      なんと読みにくいことか!と自分で突っ込みました(笑)

      そんなブログでもお役に立ったなら良かったです^^

      入院8回もしているとネタは尽きないのですが、実は書き続けるのは結構大変なので、闘病日記の更新は生活に余裕が出るまではストップしておきます。

  2. aine より:

    なまけサバイバーさん
    本当に嬉しいコメントが届きましたね。

    >SLE発症によって得られたものは、ものすごく大きい!

    私も日々 そう思います。今までと違う世界を知りました。

    闘病を支えてくれる人達 病院以外でも 多くの人達に助けられて生活していることに
    感謝の気持ちを忘れないようになりました。
    もちろん なまけサバイバーさんの このブログも息子と私の支えです。
    ありがとうございます。

    ステロイドの減量で離脱症状が大きく 今月は前半が大変でした。
    今までも 何度か減量に失敗しているので。ちょっとトラウマでしょうか?
    でも今週は回復してきました。

    プラケニルも3月には始まるので ステロイドを減らせるところまで減らして
    全身の皮膚炎 過食 不眠が少しでも減るといいな~。

    >自分自身の価値

    息子も会社で周りから評価してもらえることが 今は一番大切にしているようです。
    そして10年以上 交際しているガールフレンドに頼られること。。。でしょうね^^

    • なまけサバイバー より:

      aineさん、コメントありがとうございます。

      なまけサバイバーです。

      明らかに違う世界に変わりますよね。良くも悪くも全然違った世界が見かたができるようになったと思っています。

      息子さん、お仕事も恋人も家族からも支えられていて、評価もされているなら良い環境と言えそうですね。

      ステロイドの減量は難しいものですよね。

      順調に0㎎まで行けている方もいるなか、僕のように行ったり来たり、入退院を繰り返す方もいます。

      病状が人によって全然ちがうというのも特徴の一つですし、一生付き合うものなので焦らずというところでしょうね。

      結構、不安定な状態が続きすぎると慣れてくるものですよ。

      危険な状態に慣れていいものなのかは微妙なところですが(^^;)

トップへ戻る