病気の発症は人生において遠回り?

今日も絶好調、なまけサバイバーです!

病気の発症が、人生において【とおまわり】だと感じる人もいる。

とおまわりでもいいよね。 その分、色んなものが見える。知れる。

案外、普通だったら絶対しない回り道にこそ、ワープゾーンがあって未知の領域に行けたりするもんだよね。

まぁ、これはゲームの話だけども。

例えばスーパーマリオで考えても、普通だったら行かないルートにワープ土管があったり、豆の木が出てきてワープできたりするよね。そんな感じ。

マリオブラザーズ2に関していうと

あの最強の詰め寄りハンマーブロスを倒し、やっとの思いでワープゾーンにたどり着いたとする。

頑張ってあがいて必死に前進しようとした結果、最初のステージに逆戻りワープさせられることもある。

「なんだよ!ふざけんなよ!こんなに頑張って良くしていこうとしてんのに逆戻りかよ!ハンマーブロスこの野郎!」

いやいや、違うよ。そんなこともあるって。

人生、そんなもんじゃないかと思う。

ずっとうまくいってたら、ありがたさも分かりにくくなっちゃうしね。

それに、逆戻りしても、またそこからスタートすればいいだけ。

ゲームオーバーじゃないんだから。

次からは、その逆戻りしちゃうワープゾーンに行かないようにすればいいだけなんだから。

ドラクエなんかも、チビチビ経験値詰んで、やっとレベルが上がるから楽しいということがある。

どんどんレベル上がって、簡単に敵も倒せるゲームだったら、あんなに爆発的に売れなかったと思う。

SLE発症が人生や目標達成において、「とおまわり」だとするならば、

とおまわりしているからからこそ、色んな情報が得られて、経験値を積んで成長できるいい機会になると思う。

今はとおまわりしていると感じて辛いとしても、将来振り返った時に必要な期間だったと思える日がきっと来る。

そういうもんだと思う。

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

トップへ戻る