絶望100%?本当に?【常識にとらわれない】

【5月まで1ヶ月限定無料】でカウンセリング始めました。 なまけサバイバーに相談したい。ただ雑談をしてみたい、または文句を言いたいなどなど せっかくの無料期間ですので、お気軽にご利用くださいませ。 この機会に是非お話ししましょう!お待ちしています^^
どんな出来事も確実にポジティブな解釈に変換します 何事も★ネガティブ★なとらえ方をしてしまう方【✩必見✩】です 難病当事者がお悩み相談・カウンセリングをします 障害による不安や悩みを抱えて苦しい方、気持ちを軽くしたい方 医者・看護師への本音・愚痴・叫びたいことを聴きます 元医療者であり難病・障害者である私が、あなたの愚痴を聴きます 圧倒的かつ現実的・具体的なアドバイスをします これからどうすべきかを現実的・具体的にアドバイスして欲しい方

こんにちは、今日も絶好調なまけサバイバーです!

世間で言われるような【常識】や【普通は】ということにとらわれると苦しむ。

そんなもの、あるようで無いようなものだから。

あなたの思い込んでいる常識は、世間では非常識かもしれない。

この考え方が非常に重要になる。

自分で色々決めつけて、思い込んで、自分を苦しめてはいてはもったいない。

そう思ってる方が、窮屈じゃなくてラクに生きられる。

ものごとは、とらえ方次第。

ちなみに僕は、発症してから一年以上経過した現在も仕事に復帰できない状態が続いている。

入退院を繰り返し、なかなか体調が安定しない。

僕のこの状況を聞くと大抵の人は「気の毒に」「かわいそうに」という反応をする。

けれど、それは正しくない。それは、僕が全然そう感じていないから。

ひとつの側面、あるいはある期間だけしか見なければ絶望かもしれない。

仕事をクビになり、1年以上経ってもまだ社会復帰できないどころかメドすら立たない。

しかし、少し視点を変えてみると100%に思えた絶望が、実は10%くらいしかなかったなんてこともある。

正解は1つとは限らない。

誰しも「なんで自分がこんな目に」って思うことは1回はあると思う。

1年以上という、長期の休養時間を与えてもらえる人が、この世にどれくらいいるだろうか。当然、行動や活動の制限はかなりあるけれど、SLE になったことで色々な発見ができた。

そう思えたらしめたもの。

これはムリにポジティブに考えようって話じゃない。思い詰めてることのほとんどは、きっとたいしたことない。自分を苦しめる思考はやめよう。

情報共有のためシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

トップへ戻る