入院3-9日目【久々のF】【ユーグレナすごすぎ】2016/2/27

【くすり】
①プレドニン30㎎(2月19日~)
②ネキシウム20mg×1カプセル(胃薬)
③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル
(骨粗鬆症薬)
④レボレード12.5㎎ 2錠(血小板UP)
⑤ブイフェンド300㎎ 粉状(2袋)(抗生剤)
⑥マグミット調整して服用
⑦バクトラミン(抗生剤)1錠

22時→0時→4時 だんだん眠れなくなってきている。やはり入院するとこうなるのかな。部屋は静かなんだけどね。

朝から免疫の勉強~

タイムトライアル実施。うまくいった!2分前に達成するという久々の達成感を味わった。

久々に外に出て20分歩いた。爽快感あったけれど、超寒かった。

その後、首の後ろに違和感が出て嫌な感じになっちゃったので部屋に戻ってゴロゴロしていた。

10時頃から30分くらい歩行。その後はPC作業。

予定していたより早く退院になったことで買いだめしていた水が余っている。

計算では、退院日に水2ℓ1本が丸々余ってしまうというところ。

1日に4ℓ飲むわけにいかないし、捨てるのももったいないから妻に2ℓ一気に飲ませるかな(笑)

昼食後、ゴボウチップス食べた。

食塩相当量0.6とは思えないほど塩を感じた。でも、食感も堅めでレモンの味がしっかりついている素晴らしいお菓子で超ウマかった。

レモン味のお菓子が好きなら要チェック。

今日はFが面会に来てくれる日(一応言っておくけど、フリーザじゃないよ)

今のご時世でFというと、ドラゴンボールの映画「復活のF」が出た関係でフリーザを連想する人がいると思って一応うるさく解説しておいた(笑)

Fは高校時代の友人。高校時代、一時Fというあだ名がついたからという理由だけ。

約4年ぶりくらいになるんじゃないかな。何を話そうか。よく考えたら、二人で話したことなんてなかったかもしれない。

だいたいパンダ君やM男などと一緒に遊んでいたから。

あれ?そもそもそんな仲良かったっけ?あれ?

15時にF到着

話すことあるかな?というのは杞憂に終わった。

二人で3時間もぶっつづけで話しまくった。

Fこんなに鼻高かったっけ?なんかしばらく見ないうちに男前になっていた。

以前は建築関係の仕事を現場監督としてやっていたけれど、自然を愛する男が自然破壊をする仕事をすることに疑問を感じ、辞めたそうだ。

フリーザとは真逆の感じだね。フリーザは平気で人も星をも破壊するから。そんな話はいいか。

今は環境整備のような仕事をしているとのこと。とにかく、仕事が大好きだということが分かった。チェーンソーで木を切ったりしてるらしい。

あとは、音楽の話をメッチャした。

彼も自分に正直に生きたいタイプで、仕事熱心。すごく真面目。タイプが似ている。

そして、出来るだけ人を否定しないし、音楽も否定しない。そういうスタイルだった。

マシンガントークで矢継ぎ早なんだけれど、不思議と3時間ほぼ話すタイミングがぶつかることなくトークが展開された。

お互いの好きな音楽やフェスの話とかとにかく話題が豊富で面白かった。

大学時代に音楽好きな人と出会って変わったって言っていたけど、なんだか色々と積極的で前向きな姿がエネルギッシュだった。

元気をもらった感じ。

平気で病気のことをズカズカ聞いて来たりして、ちょっとどうかと思うところもあったけれど、そこは腹割った関係でいたいという彼の性格だろうから気にしないでおこうと思う。

口で説明するのは嫌なので、タブレットで病気詳細のHPを見せたところFは驚かなかった。

とにかく、Fはアメリカの年越しライブに行ったり、フェスに行ったり、登山グル―プに入ったりアクティブな暮らしをしている。

休みの日は家から出ないことも結構あるそうだけれど、そこまで積極的に活動する姿勢は素晴らしいと思う。

本当に仕事が大好きということと、音楽が大好きということが伝わってきた。

話しているだけで。

こういう話し方が出来ると聞いている人もテンション上がるよなって思った。

Fが言っていた素敵な感じの話

彼がフェスに出向く理由を聞いたところ

その場で、そのアーティストの表現力を観たいからだって。

動画とかCDでは感じられないものを、そこで感じられるからだそうだ。

感受性豊かなんだろうね。すごく楽しそうだった。

こんなに気持ちを乗せてプレゼンができる人に初めて会った感じがする。

フェス行ってみたい!と思ったけれど、人が多いし暑いからきっと行かない(笑)

◆学び◆

バイオ燃料

バイオ燃料の原料となる植物は、大気中のCO2を吸収して育つものなので燃焼させてもCO2排出量は0とみなされるんだとか。

日本は、原料となるトウモロコシやサトウキビなどを海外からの輸入に頼っているので、食用からバイオ燃料への転用が難しい。

2014年度に政府からの補助金が打ち切られたので、国内最大規模のバイオ燃料工場が事業停止になった。

日本で藻からジェット燃料を作る研究で日本が世界から注目されている。

藻に含まれる油がジェット燃料の油と同じ性質を持ち、トウモロコシなどに対し圧倒的に含有量が多いという特徴がある。

2020年までにジェット燃料としてユーグレナ(ミドリムシ)をつかうことを目指しているそうだ。

ミドリムシは燃料にもなるんだって!ミドリムシのポテンシャルが高すぎ!

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

トップへ戻る