入院3-4日目②【幸せを感じられること】【SLE紫斑画像】2016/2/22

【くすり】
①プレドニン30㎎(2月19日~)
②ネキシウム20mg×1カプセル(胃薬)
③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル
(骨粗鬆症薬)
④レボレード12.5㎎ 2錠(血小板UP)
⑤ブイフェンド300㎎ 粉状(2袋)(抗生剤)
⑥マグミット調整して服用
⑦バクトラミン(抗生剤)1錠

リウマチ科責任者現る

ゴロゴロしていたらリウマチ病棟の責任者が来てくれた。

ナース

「調子どうですか?今日、もしかしたら急に退院したいって方が出たので、その方が問題なかったら午後には移れるかもしれません。」

遠いHCUへ急に現れたリウマチ科責任者。嬉しさを隠せずテンションがポンと上がった。

Me

「ほんとですか!今日は無理って聞いてたので移れたら嬉しいですけど、病棟の都合でダイジョーブです~」

ナース

「また連絡しますね」

ということになった。まぁ、こういう時は、期待しない方がいいね。

ダメになっても、そもそも今日は缶詰と思っていたから別にいいし。

気長に待たずにいよう。

期待していないでいると、1時間後くらいに移動できることが決まった。

やったぜー!期待しない方が願いが叶う傾向にあるのは皮肉なことだ(笑)

昼食 妻来院

ブリ・ワカメマロニーサラダ・白カブ酢漬けがキター!!

酢がかなり強烈で刺激的だった。

HCUから出られない僕のために、例のウマいメロンパンを買ってきてくれた。

そして、コンビニで以前食べ損ねたトリュフチョコを食べてみた。美味かった。

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リウマチ科へ移動

リウマチ科に移ったら、慣れたナースが担当してくれた。住み慣れた静かな我が家に到着。

見晴らしの良い窓際のベッドになった。

久々に窓もない閉鎖空間から出られたことで開放的な気分だった。

本当にHCUがいかに騒がしかったかが分かる。

ほとんどの人は1日で退院したり部屋移動していくなか、4日もいたのは長い方だった。

なんだか発症してから、家にいるより長くいる空間だからかな。妙に落ち着いている。

ここにいることに違和感がない。違和感がないのは本当はおかしいんだけど、HCUが騒がしすぎたんだろうな。落ち着く空間になっているような感じ。

今は入院したばかりだし、あまり動けないからかもしれないけれども。

一方、妻は「また戻ってきちゃった」って感じて落ち込んだそうだけど、僕自身はそうでもなかった。

本当に僕より明らかに妻の方が落ち込んでいる。もう心配させないようにしたいと思ってるけれど、心配するなという方が無理かもしれない。

今回の入院が3度目の正直ということで、次にここを出るときにココの家との契約は解除することにしている。

契約更新しません。もう入居(入院)しません!本当に!

SLE紫斑画像

4%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%91-w600-h600 4%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%92-w600-h600 4%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%93-w600-h600 4%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%94-w600-h600 4%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%95-w600-h600

けっこう出てるね~

17時頃

早速ボーズにした。もう、サボテン状態だったから。

今は、かなりスッキリしている。いっそ、髪の毛全部抜けてほしいわ。その方が気がラクだし、手入れもラク。

4日ぶりのシャワー。ぬる~いシャワーだったけど、やっぱり気持ち良かった。

シャワー浴びられないと苦痛。身体拭いたって、シャワーの代わりにはならない。

18時 夕食

今、部屋にものすごい異臭がたちこめている。どうやら向かいの爺ちゃんの育毛剤らしい。

窓際だから窓を開けて対処できた。

それにしても、ものすごく臭い。食事前にシャワー浴びるから、そのせいで食事のタイミングに重なってしまう。

ずっと使っている人は感覚がマヒするんだろうな。

勘弁してほしいなぁ。

それでも、HCUの環境よりはきつくない。

HCUがいかに騒がしかったかが分かる。24時間、点滴ポンプや容赦ない看護師の大声や行動が本当に騒がしかった。

物事って比較して初めて分かることが色々ある。良いものと比較・悪いものと比較。

比較したことによって良さも悪さも見えるということ。

自分がいかに良い環境で入院できているのか改めて認識させられた。

HCUにいる時は、それはそれで新鮮だったからいい環境だと思ったけれど、リウマチ科に戻ってきたらやっぱり圧倒的にこっちの方がいい環境と分かる。

比較すると良くない環境だったけど、それでも幸せを感じられていたのは良かった。

リウマチ科に移動出来たので、6歩くらいしか歩く範囲がない生活とオサラバできたことは良かった。

最低でも病棟内フリー歩行は許してもらえるだろう。というか、既に歩いているし、勝手にシャワーも浴びた(笑)リウマチ科は結構ゆるい。

20時

映画観て22時まで過ごそうかな。と思ったんだけれど、食休みしてたら21時前まで寝ていた。

主治医が来てくれると思ったけれど、来なかった。

今日出る予定だったB-Dグルカンとかの血液データが遅かったのか、それとも治療方針がまだ定まらなかったということなのか?

とりあえず、この静かな環境に来られてすごく幸せ。

こんな当たり前のことでも幸せを感じられる。

こういう日々の当たり前を幸せと感じられる人は幸せな人生を歩めるんだと思う。

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

トップへ戻る