入院2‐69日目【退院が見えてきた】【インフルエンザの脅威】16/2/8

【くすり】
①プレドニン20㎎
②ネキシウム20mg×1カプセル(胃薬)
③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル
(骨粗鬆症薬)
④レボレード12.5㎎ 2錠(血小板UP)
⑤ブイフェンド300㎎ 粉状(2袋)(抗生剤)
⑥マグミット調整して服用
⑦バクトラミン(抗生剤)1錠

20時30分→0時30分→4時→5時30分

昨日はレボレードの効き調整で20時30分に飲んだ。今まで1時くらいだったのに。

これで血小板が少し下がってくれていれば、空腹時に飲むレボレードの効きをちょっと抑えられたことになるね。こんなことしない方がいいんだろうけど。

そして、22時にブイフェンドを飲むはずが起きなかったので、なんと0時30分になってしまった。

遅すぎてやばいかなと思うところもあるけど、起きなかったんだから仕方ないよね。なんだか普通に4時間も寝られるようになってきてることに驚いている。

点滴がなくなっただけでこんなに違うもんか。あとはイビキがほとんど聞こえないからだろうな。

血痰は、ほとんど出なかった。これは明日のレントゲンにキタイ大!レントゲンがあまり良くなくても、もう帰るけどねー!

家に帰ったら、確定申告・ブログ作り、LINE登録、ツイッター登録は絶対したい。

以前は爆食いしてしまったら、すぐに便秘になっていたけど、動物性脂肪の摂取を控えるようになってからは毎日便が出ている。すごいね。

ま~た退院が延期になった話をナースに話したら、そのナースは以前4か月入院していたという話をまたしてくれた。

最後の1週間以外は寝たきりで、起き上がれずベッド上で本を読んだりDVDを観まくったりしていたそうだ。かなりキツイよね。

自分なんて、かなり恵まれているのに文句ばっかり言っていることが分かるね。PCまで使ってのんびり出来ている状況をありがたいと思わなきゃ。

時間より嬉しいプレゼントはないなんて思っていたのに、この状況になったら暇だ暇だと文句を言うなんてバチあたりだ。

ナース

「暖かくなったら帰るくらいの気持ちで、のんびりしていってくださーい」って明るく言われた。

何そのノリ、おかみさんなの?ここは宿なのか?(笑)。

昼食直前、主治医登場

血小板102000→139000 上がりまくってますねー。調整が逆効果だったのか?

CRP0.206→0.036

血液検査は安心できる数値だった。いやぁ良かった^^

昼食後すぐ横になりながら、さまぁ~ずの動画を見ることとした。

マルさまぁ~ずを観ていたら、最新の観たことのないコント動画40分×2を観ていたら、また知らぬ間に寝ていた。

14時30分になっていたので、そこからメロンパンを探す旅に出ることに。

あったー!!もうあと3日で退院と考えると毎日メロンパンを食ってもいいくらいだよね。幸せ!やっぱりこのメロンパンは美味いわ。

【インフルエンザの脅威】

ご機嫌で部屋に戻る際、ヘルパーさんから「インフルエンザが出てるから気を付けて」と言われてしまった。隣の病棟で流行して、今いる病棟でも出ているとのこと。

いつもデイルームで換気しながら過ごすようにしているんだけれど、そこは今いる病棟と隣の病棟のちょうど曲がり角に存在するデイルーム。

人があまり来ないのはいいけど、インフルエンザが出ているという時点でよろしくない感じ。ちょこちょこ人も来るし。

と言うわけで、今の病棟階にいる時間を減らした方がいいかなぁと思っている。

部屋にいる時間が長くなることがストレスになりそうだけれど、音楽聴いたりして乗り切るしかないな。

11日退院まであと3日。それくらい頑張るぜ!同室の人の話し声がダンディすぎてうるさいけど、音楽で乗り切る!

インフルエンザについて

インフルエンザの感染は、主に飛沫感染。つまり、すぐ近くで保菌者がくしゃみや咳をしたのを食らわなければOKと言うこと。

だと思うんだけど、空気感染もしうるんだよね。だから、厳密には防ぎようがないんだけど部屋でカーテンを閉め切って閉じこもっていれば、飛沫は防げる。

そもそも今の病棟階にいないことが一番だと思うけれど、ある意味病院はどこにいても同じようなもんだと思う。

実際、居場所がないし部屋にいるしかなさそうだ。

こんなタイミングで新しく入ってきた患者さんのイビキがヤベー!ハイパーイビキの方が入ってきてしまった。

退院を目前にして、様々な困難がやってきている感じ。

いったいどうなってしまうのか!?

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

トップへ戻る