とうびょうき1~3

むかしむかし、あるところに

どこにでもいる「しごとにんげん」が、からだにムチをうって生活していました

ある日、そのおとこは、じんせいをいそぎすぎたために、おおきな「アリ地獄」におちてしまうのでした。

「なまけとうびょうき」は、おとこが「アリ地獄」から這い上がり、社会復帰を果たすまでの冒険を描いたものがたり(の予定)である。

はい  いいえ

とうびょうのしょ1

とうびょうのしょ2

とうびょうのしょ3

登場人物

①なまけサバイバー(Me)

“なまけとうびょうき”の主人公

様々なトラブルに立ち向かいながら冒険中。

・プロフィールはコチラ

②Mr.RYUICHI(医師)


リウマチ科の男性担当医

省略してRYUICHIと表記されることが多い(仮名)

いつもサラサラの髪が風になびいているクールな先生。

40代くらいで、とにかくいつ見てもキマっている。

③主治医(医師)

リウマチ科の女性医師(主治医)

30代

とにかく穏やかで優しく、とにかく色白。

まれに感情的になることもある。

④妻


看護師

病院関連のことで分からないことは色々と教えてもらえる事が多く、頼りになる存在。

ただし、

僕がメチャクチャなことをしたり、言っていると怒られることが多い。

まれに火を吹き、街を破壊することもある。

⑤パンダくん

高校時代からの友人

変わった感性の持ち主で、めずらしい考え方をしている男。

お笑いにかなりウルサイ。

今までで一番言い争いをしてきたけれど、一番仲の良い友人

⑥その他、友人たち

たまに友人が登場します(笑)

トップへ戻る