オススメの音・イビキ問題対策グッズ ♪入院、あるある言いた~い♪②

音・イビキ問題対策♪入院、あるある言いた〜い♪

今日は、退院を記念して(?)普段あんまり言わないことを、ボヤいちゃいますね。

今回のテーマは入院中のストレスTOP3に入るであろう騒音問題に関することになります。

実は、病院は消灯後も、けっこう色々な音がします。

私は神経質なので外で寝る時は必ず耳栓を持参しますが、今回は、緊急入院だったことと、入院当初は個室から出られななかったので買えませんでした。

個室なので大丈夫だと思っていましたが、ナースステーションそばだったので、心電図モニターの音、何故か夜中もなる電話の音(病棟の電話か、PHSですね。)

あとは、看護師さんの早歩きの足音などなど、正直、結構うるさいのです。
最大の脅威と言えば、ズバリ、イビキですね。イ・ビ・キ

そう、もう異鼻気です(異なる鼻から気になるデカい音がしてるからとにかく寝にくい!!)

嫌なら個室に入りなさい!ということなんですけど、入院するとほとんどの人がぶち当たることだと思います。
私は入院2週間くらいまでは運良くイビキの強い方と同室になりませんでした。

ところが、ある日4人部屋のうち2人も、すごいイビキの方が入るという悲劇が起きたのでした。

ホントね、もうイビキがうるさすぎて眠れないんです。ただでさえ眠りが浅いのに。

そんな時、具体的にどういう対策が有効かということを、実際に行っている方法をご紹介します!

スポンサーリンク

イビキ・騒音対策の具体的方法

①耳栓

確かに多少静かになるけど、イビキがうるさすぎたのか対応できず。

基本的に100円均一の耳栓は、機能性があまり良いとは言えません。

それと、耳にフィットしにくかったり、遮音性自体も微妙です。そして、どのタイプも長時間つけていると耳が痛くなったり違和感が強くなるので長い時間つけていられないデメリットがあります。

オススメのイヤホンは安価でありながら、高い評価を誇る耳栓としてサイレンシアがオススメです。

何と言っても、遮音性が良いという点と、柔らかくて耳にやさしくフィットしてくれるところがオススメポイントです。有名な耳栓なので病院のコンビニや売店にも置いてあるところが多いと思います。

サイレンシア レギュラー 携帯ケース付き

②カナル型のイヤホン+川のせせらぎmusic+ipod shuffle

耳栓が無効な騒音・イビキに対しての僕の最終兵器はコチラです。

カナル型のノイズキャンセリング機能がついたイヤホンになります。

ノイズキャンセルスイッチをONにするだけで、うるさい騒音がスッと軽減されます。(環境騒音カット性能90%)

れによってかなり周囲の雑音や騒音が軽減されます(感動しますよ!)

ノイズキャンセリングをONにすると、同室者の生活音、ナースの足音、話し声、イビキなどの騒音がスッと静かになります。

その上で、好きな音楽をかければ周りの騒音はほぼ気にならなくなります。

単純にイヤホンとしても重低音の響きが良いので、クリアな音で音楽を聴くことができて音量の上げ過ぎを防ぐ効果もあります。

本当に最高のイヤホンですよ。

 

ちなみにノイズキャンセリングイヤホンって、あまり種類がないうえに2~3万円くらいする高価なモノが多いんですよね(^^;

なかなか手が出にくいですが、こちらは値段が比較的安いのに機能もしっかりしていてバランスがとれているところがオススメポイントです。

騒音対策の最終兵器はノイズキャンセリングイヤホンです。BOSEの製品だと3万越えますが、さらに高い遮音効果が期待できます。本気でノイズキャンセリングしたい方は試してみてもいいかも。僕はこれで十分でした↓


QuietPoint Active Noise-Cancelling In-Ear Headphones – Black ヘッドホン(イヤホン)【並行輸入品】

もう、これで寝れなきゃ、いっそ起きてよう(笑)

という気持ちでやってみました。

結果、うまいこと眠ることが出来ました。

ipod shuffuleは凄く小さいので、パジャマにクリップでつけることが出来ます。邪魔になりません。

Apple iPod shuffle 2GB 第4世代 2015年モデル スペースグレイ MKMJ2J/A

さらに、 川のせせらぎ音のCDがオススメです。
波の音も試してみましたが、波の音は私には合いませんでした。

こうして、イビキ問題は解決したのでした。

イビキに関しては、その方がワザとやっているわけではないのである意味どうしようもない。

だからこそ、こういった準備・対策が大事なんですよね。

1日だけの入院ならまだしも、長期になると本当に生活全体の質を落としかねない重大な問題に発展しますから。

こういった対策で乗り切ってみてはいかがでしょうか^^

入院あるあるでした!

The following two tabs change content below.
なまけサバイバー

なまけサバイバー

ハイパーポジティブなSLE男。 発症2年で11回の入院を経験。医師から超難治性患者と言われている。 社会復帰・病状安定を目指す傍ら、役立つ医療情報や実体験の発信を行っている。 連絡先・プロフィールはコチラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

情報共有のためシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

トップへ戻る