入院2‐60日目【点滴がない幸せ】【休む】 16/1/30

【くすり】
①プレドニン25㎎
②ネキシウム20mg×1カプセル(胃薬)
③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル
(骨粗鬆症薬)
④レボレード12.5㎎ 2錠(血小板UP)
⑤ブイフェンド300㎎ 粉状(2袋)(抗生剤)
⑥マグミット調整して服用
⑦バクトラミン(抗生剤)1錠

睡眠:20時過ぎ~2時。1回目に起きたのが22時30分、次が0時30分、いつもよりちょっと眠れてるかな。

いつもと違うのは尿が限界まで溜まって我慢できない感じが和らいでいること。やっぱり、点滴が入ってたからだったんだなぁ。

相変わらずトイレで起こされてるし、断眠には違いないけど眠りの質は良くなったと実感あり。

今までは看護師がカーテンの中に入ってきただけで目が覚めてることも多かったからね。逃亡犯か(笑)

相棒

PCを持ってきてもらったから最高!PCは重いから頼むのが忍びなくて諦めていたけど、あまりにも入院が長いから耐えきれずお願いした。

ホントに助かった。

Ipodの音楽を入れ替えて、PC中の音楽を聴くことができた。それだけで本当に嬉しい。

同じ音楽ばっかり聴いていると飽きちゃう。ただでさえ同じ毎日だから、音楽とか映像は色々と新しくしたいと思うよね。

PCが来たことで、日記をPCで打つことになった。それはそれは書くスピードが速くなったから楽~最高です。

点滴がない幸せ

点滴が無くなったことによってかなりストレスが減った。

点滴の滴下チェックをしたり、ゾシンの時間を気にしたり固まってないか落ちるのが止まってないかとか。

動きを制限されたりとか、実はストレスがものすごく強かったことが改めて分かった。

点滴が無くなっただけで、こんなに穏やかになれるなんてスゴイ。なんたって、いちいちナースを呼ばなくていいし点滴を調整したり観に来たりすることがないわけだから、必然的に一人でいられる時間が増える。

おかげで午前中は日勤ナースと遭遇することがなかった。実質、採血とバイタル測定以外やることがないから、ほとんどナースに合わせて何かをする必要がなくなった。

僕としては点滴が無くなったことによる自由度UPは相当な幸せとなった。

そして、方針が決まって退院する日まで明確に見えてきたことが精神的安定をもたらしたんだと思う。今、すごく心が安定しているね。

パソコンが来たこともあり、爆食いする必要がないくらいストレスが無くなった。点滴オソロシヤ。それにしても先が見えて、希望をもてると違うね。

【休む】

あえて夕方寝てみた。身体を休める時間というのも大事だなぁと思って。それでも、なんだかんだ夜は眠れる。

僕にとって、のんびりすることってけっこう難しいから、こういう風にあえて寝てしまうことも大事なんだと思う。

身体を休めるってこともそうだけど、頑張りすぎないでなまけるという意味でもね。

ナンダカンダ、テレビ見ながらの作業とかして効率を求めようとしてしまうしね。

起きた後、コンビニ生姜アメと気になっていた雑誌を買った「好きなことだけやって生きていく」だったかな。

パラパラ見た時に、これは違うかなぁとよぎったけど本自体が安かったことと心屋仁之助さんが書いている部分があって気になったから買ってみた。

僕は基本的に気になった本は躊躇せず買うことにしている。結果的に自分の成長・成熟に繋がることが多いですからね。

夕方、ヤフープレミアム会員の解約しようと試みた。

すると、

かなりしつこくダラダラと解約しないように引き延ばされ、最終的に最大6000ポイントあげるからやめないで!って書いてあったから、解約をやめた(笑)ラッキー

心穏やかに過ごせるって素晴らしいことですね。点滴がないだけで、こんなにも生活が激変するなんてね。

この幸せを感じながら残りの1週間ほどの入院生活は過ごしたいと思います。副作用なんて出ないからダイジョーブ!

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

トップへ戻る