入院2-43日目【答えなどどこにもない?】【バリカンに願いを】【心配】 16/1/13

【くすり】
①プレドニン35㎎
②ネキシウム20mg×1カプセル(胃薬)
③エディロールカプセル0.75μg×1カプセル
(骨粗鬆症薬)
④レボレード12.5㎎ 1錠(血小板UP)
⑤ブイフェンド200mg 1日2回(抗生剤)
⑥マグミット調整して服用

⑦点滴ゾシン(抗生剤)1日3回

【答えなどどこにもない?】

昨日は平井堅さんのLIFE is…が聴きたくなったので、 19時30分に横になっていたら、そのまま寝てしまった。

あの歌声と歌詞に超癒やされました。

今回の入院の原因を探り続けていますが、答えなどどこにもないのかもしれません。

そう思うほうが気が楽かも。そう思った。

今日は3時30分に目覚めた。

【バリカンに願いを】

夜中に頭目覚めたとき、色々なことをひらめくことが多い。

今回のひらめき(?)は、バリカンでラインを入れよう!というもの。

朝から思い切ってバリカンで願いを込めた。

良くなりますように!血小板も含めすべての状況が良くなりますように!

6時30分〜読書

ガンが自然に治る生き方

笑いと免疫力の関係性はよく言われるけれども、それを重要視して生活した方の話が書かれていた。

その方は、笑いだけが治癒に関与したとは考えていなかったけれど、影響はかなり大きいかなぁと思う。

色々なことを試して自分に合ういい生活を作り上げていくことが正解になるとは思うなぁ。

今日は、妻がゴリ押ししてくれた本を読みたいと思う。

3時間で読めた。

小説は中学生の時に読んだきりなので、10年以上読んでない。

たぶん。ゴリ押しされなかったら今後も読むことはなかったかもしれない。いい機会を与えてもらえた。

恋愛の話から、夫婦の絆の話になるのですが、

僕が理想とする夫婦像みたいなものに近かったので、共感できた。素敵な話だった。

タイトルは忘れてしまった・・・

【心配】

部屋担当のナースに心配された。

ナス「大丈夫ですか?」

Me「大丈夫ですよ。調子いいです。」

ナス

「正直、私たちは精神的なところが大丈夫だろうかと心配してます」

Me

「まぁ、ストレスはありますけど今は結構ダイジョウブですよ。心配してくださってありがとうございます。どういうところから、そう感じますか?」

ナス

「急に髪をバッサリ切ったりするし苦笑」

Me

「あぁー、オペになるかもっていうストレスが強すぎて髪を切って対策したんです。おかげでかなりスッキリしました。」

ナス

「それでコントロールできてるんならいいんです。壁殴っちゃったり、自傷行為として髪切ったりしてなければいいんです。大事なことですよね。」

Me

ストレスをコントロールするために今日は頭にラインを入れました。今、僕ができることは願いを込めることだけですから。」

自分の想いを看護師に伝えられたことで、またストレスが減った。

看護師さんは、基本的に話しかけてきてくれる方は少ない。

そんな中、この方はあまり関係ない話はしないけれど、すごく気遣ってくれるステキな方です。

こういう若い患者の対応って難しいんだよね。

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

情報共有のため記事のシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

SLE✩広告✩

スポンサーリンク

トップへ戻る