入院6日目 【血液内科→リウマチ科に転科・転棟】【O2ウマし】

プレドニン60mg(30mgを朝・昼)

朝の血糖値〜 77ナリ。低いなぁ。

昨晩の血糖が180だったから余計に感じる。高低差ありすぎじゃないか?

ステロイドの副作用の恐怖がジリジリと迫ってくる気配を感じそうだったので、無視しておいた。

今日は、血液内科→リウマチ科に転科・転棟。

ようやく個室を出て希望の0円の4人部屋に移動できた。

いや~世間はシルバーウィーク真っ盛り、天気は晴天。最高の行楽日和だ。

こちとら、出入り口側の部屋だから窓も見えない空気の循環のない部屋で篭ってるわ!

希望の大部屋とはいえ、ちょっと悲しい気分にはなった。

そう、そんな部屋だったけれど、外はすごく天気が良かった。

外の酸素、O2が吸いたくなり、デイルームという面会者と話したり出来る部屋に行き、ほんの少ししか開けられない窓(飛び降り防止のため)を開け、外の酸素いや、O2を吸ってみた。

監禁生活いや、軟禁生活じゃなかった入院生活6日目にして感じた外の世界のO2の美味しさ。

実際は、忘れていたわけではない。今までは分からなかったのだと思う。ほとんど閉めきられた病院に閉じこもることなんてなかなか経験できないし。

今の病室は基本的に締め切っている。外の空気を感じられない環境なのだ。

大好きだったコーヒーは禁止され、病院食以外は摂取出来ない状況で、水ばっかり飲んでいる僕には、O2は美味しく感じた。

美味しいO2を堪能しながら、下を見ると(_ _;)

まあ見事に車がビュンビュンたくさん走ってしていた。排気ガスすごいだろうけど、それでもO2は美味しかった。

O2と繰り返しているけれど、厳密にはO2だけじゃないだろ!っていうツッコミは受け付けません(笑)

その後、弟が面会に来てくれた。

弟と半年ぶりに再開。

弟はスーパーの青果コーナーで働いている。

僕の地元スーパーの野菜と比べると値段が3倍くらいする高級スーパーだ

スーパー業界が全般的にそうみたいだけど、激務で定時には帰れず、残業がかな~りあるということでお疲れの様子だった。

加えて、腰にヘルニアがもともと4つあったことから、脚に痺れ、痛み、腰痛、さらには最近になって左薬指と小指に痺れが出現してきたという。

どっちが病人なんだか・・・

ひとまず、元気そうな僕をみて安心した様子で帰っていった。

血糖値

朝77
昼97
夕110
就寝前193 また上がってるやん(-_-;)

※そもそもなんでステロイドで血糖値が上がるのか。マジメ解説

1. 肝における糖新生の亢進
2. 筋、脂肪組織におけるアミノ酸、脂肪酸の遊離促進
3. インスリン標的細胞におけるインスリン感受性の低下などによると考えられている。

see you next t~ime(^^♪

The following two tabs change content below.
なまけサバイバー

なまけサバイバー

ハイパーポジティブなSLE男。 発症2年で11回の入院を経験。医師から超難治性患者と言われている。 社会復帰・病状安定を目指す傍ら、役立つ医療情報や実体験の発信を行っている。 連絡先・プロフィールはコチラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

情報共有のためシェアは歓迎です♪

フォローしていただくと更新を見逃しません

トップへ戻る